保険会社は被害者の味方にあらず

交通事故に遭うと、通常は加害者の加入する任意保険会社の人が交渉相手になります。

最初は丁寧でこちらのケガや心情を親身に考えてくれているようにも見え、お金がないと治療費まで出してくれたりします。

しかし、それで相手を信用して親しみすら覚えているなら、あなたは相当なお人よしです。

加害者側の保険会社が被害者の味方であるわけがありません。

彼らの使命は自社の保険金支払いを抑制することです。

彼らは親身な対応をすることで被害者の怒りを鎮め、いろいろ調べて知恵をつけたり、弁護士をつけたりする前に示談をまとめてしまおうとしているだけなのです。

出してくれた治療費にしても、自賠責の上限額までであり、後から自賠責に請求します。

つまり、立て替えているだけなのです。

事故からしばらくしてケガも落ち着いてくると、保険会社の態度も変わってきます。

症状固定の診断をもらうことを急かし、示談をまとめたがります。

治療費も打ち切ってきます。

ここで被害者は保険会社の対応に強い不満を覚えるようになります。

しかし、感情的になって治療費継続を頑として要求し、自費での継続を嫌って、治療を中断したりしたら、相手の思うつぼです。

中断が長いと事故と症状の因果関係が認められなくなり、損害賠償額に大きな影響を及ぼすからです。

とにかく、最初から相手は自分の味方ではないことをクールに捉え、理詰めで最適の対応をしていくことです。